Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)(アニメ)第1期9話のあらすじ・ネタバレ&感想|勇気の意味

 

2016年6月2日から放送されたアニメ

・『Re:ゼロから始める異世界生活』

・第1期第9話『勇気の意味』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第8話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話の予告動画!

『Re:ゼロから始める異世界生活』(アニメ)第1期の出演キャラ/キャスト!

  • ナツキ・スバル/小林裕介
  • エミリア/高橋李依
  • パック/内山夕実
  • フェルト/赤﨑千夏
  • レム/水瀬いのり
  • ラム/村川梨衣
  • ベアトリス/新井里美
  • ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一
  • エルザ・グランヒルデ/能登麻美子
  • ロズワール・L・メイザース/子安武人
  • プリシラ・バーリエル/田村ゆかり
  • アルデバラン/藤原啓治
  • クルシュ・カルステン/井口裕香
  • フェリックス・アーガイル/堀江由衣
  • ヴィルヘイム・ヴァン・アストレア/堀内賢雄
  • アナスタアシア・ホーシン/植田佳奈
  • ユリウス・ユークリウス/江口拓也
  • ペテルギウス・ロマネコンティ/松岡禎丞
  • ロム爺/麦人
  • トン/山本格
  • チン/室元気
  • カン/山下大輝

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話のあらすじ!

 

ばらばらだったピースがようやく一つに繋がり、スバルは死の呪いをかけた呪術師がふもとの村にいることを確信する。レムとラムと共に村へ買い出しに向かったスバルは、村人全員と接触し、あえて呪いにかけられることで呪いをかけた呪術師を見つけ出そうとする。屋敷に戻り、呪いにかかったのかどうかを確かめるためにベアトリスの元を訪れたスバルだったが、大きな勘違いをしていたことに気づき、レムを連れてふもとの村へと引き返す。

引用:http://re-zero-anime.jp/tv/

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話のネタバレと感想・考察!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話のネタバレと感想・考察①

※ボックスをタップすると開きます!

呪術師の正体は謎の小動物だった

村へと買い出しに来たレムとラムとスバル。

レムとラムが買い出し中、自由時間のスバルは村人達とラジオ体操をし皆笑顔で盛り上がっている。

ラジオ体操が終わりハイタッチをしたり、肩に触れられたりと村人と触れ合ったスバルは

「おっしゃ、これで全員触ったぜ」

と心の中で呟く。

 

それを遠巻きに眺めていたレムとラム合流する。

すると子供の一人の女の子が村から続く森の近くへと向かう道を指差し、あっちと困った顔でスバルに話しかける。

レムとラムはため息をつきもう少し勝手にしたらと許可を出し、それに笑顔で礼を言うスバル。

 

女の子が小動物を抱っこして連れてくるのを見てそういえばこのイベントもあったなと思いだすスバル。

小動物をなでながら頭頂部がハゲている事に気づきケガでもしたのかなと思いながらその付近に触れると突然噛まれてしまう。

 

夕方、買い物を終え屋敷に着くとロズワールが現れ、急な用事が入り今から出かけて今夜は戻らないと3人に伝え、空を飛び行ってしまう。

「状況が変化したのは、間違いなく今日の村への訪問が引き金になったってことだろう。つまり俺の囮作戦は狙いどおりに成立している。」

と考えるスバル。

 

夜になり、ベアトリスの部屋を訪ね、

「ちょっと俺が呪われてると思うんだけど確かめてくれない?」

と言いベアトリスに見てもらう。

やはり呪われていたスバルは村人の中に呪術師がいたと確信する。

絶対に死ぬ呪いを受けても怯えないスバルに死ぬことを恐れていないように見えると話すベアトリス。

死ぬのは超怖いよ、だから今回で切り抜けさせてもらうぜ運命と話すスバル。

 

そして解呪を頼むと、悪態をつきなぜ自分がスバルを救わなくてはならないのかしらと言うベアトリス。

しかしスバルは説得方法はちゃんと準備してきたと言い、

「俺が死んだらもれなくパックが悲しむぜ?」

と言う。

にーちゃはスバルが死んでもそこまで悲しまないと言うベアトリスに

「いやいや、俺が死んだらエミリアが多少なりショックを受ける。エミリアがショックを受けるとパックにもダメージがいく。そして未然に防げたはずのお前の立場やいかに。」

といじわるな顔で話すスバルに地団駄を踏み悔しがり術式の解呪を了承するベアトリス。

 

「今から呪術の術式を破壊するかしら。呪術師が直接触れた場所が術式が刻まれた場所だから参考にするのよ。」

と話しスバルの額に手をかざすベアトリスに容疑者の触れた場所はバラけてさせてあると返すスバル。

しばらくすると小動物に噛まれた手から黒いモヤがでてきてそれをベアトリスが握ると消えてなくなってしまい

「終わったのよ、これでお前は平気かしら。」

と話すベアトリスに震えながら、今のモヤの出た場所が呪術師が触れた場所でいいんだよなと聞くスバル。

ベアトリスが頷くとまさかあの子犬がと今すぐ村に行かねえと、と言い走り出す。

 

今から村に行くというスバルに何故?と聞くレムとラムに噛まれた手を見せ、

「この傷跡を作ったやつが俺に呪いをかけた張本人だとベアトリスが言った。それはガキどもがかわいがっていた犬だ。」

「犬っぽいあれが噛みつく相手を片っ端から呪ってやがったんだ。ほっとくと子どもたちが危ねえ。」

と話し、俺を疑ってついてくるのは構わねえ、けどエミリアを一人にはさせられないからついてくるのは片方だけだと話すスバル。

 

レムがスバルに同行しラムがベアトリスへの確認とエミリアを守ることに。

話しをしていると声を聞いたエミリアが心配してやってくる。

スバルの様子を見て、行くのを止めても、ムチャも無理もをしないでって言ってもダメなのよねと諦めたように笑いスバルの胸へ手を当てると

「あなたに精霊の祝福がありますように。」

「お見送りの言葉よ。無事に帰ってきてねってそんな意味。」

と話すエミリアに、わかったよエミリアたんと笑顔で返すスバル。

 

レムとスバルが屋敷を出発し村へ到着すると村の様子が慌ただしく、村人へ尋ねると子どもたちが何人かいなくなり大人連中で探し回っていると言う。

それを聞いたスバルは、あの場所だと小動物に噛まれた場所へ走り出し、その後をレムと村人が追いかける。

 

噛まれた場所へつき、あたりを見渡すと村を守っている結界が切れており、結界が切れると境界線から魔獣が入ってくると話すレム。

「魔獣は魔女が生み出した生物で魔力を持つ人類の外敵です。森は魔獣の群生地帯ですから。」

と教えてくれる。

 

そしてスバルは森に向かってついている子どもたちの足跡を見つける。

村人に子どもたちは森の中にいると皆にも伝えてくれと指示し自分は子どもたちを助けるために森へ入ろうとする。

しかしレムがスバルを引き止め、

「待ってくださいそんな判断を勝手に、、ロズワール様がご不在の機にこれがお屋敷を狙った陽動でないと断言できますか。」

と言うと

「じゃあどうする。現在進行系でピンチなガキどもは見捨てて屋敷に戻って防御固めるか。次の日村人全員が死んでもいいってんならそれも手だろうよ。」

と返すスバル。

 

どうしてそこまで、スバルとこの村にどういう関係がと言うレムに、子どもたち一人ひとりの名前を言い、将来の夢ややりたいことを話し、

「関係なくなんかねえよ、俺はあいつらの顔も名前も明日やりたいことも知ってんだ。それにラジオ体操、また明日やろうぜって約束しちまった。」

「俺は約束は守るし守らせるタチなんだ。俺はあのガキどもとまたラジオ体操を必ずする。だから奥へ向かうぜ。」

と手を震わせ怖がりながらも強がり子どもたちを救いに行こうとするスバルを見て

「仕方ないですね。レムに命じられている仕事はスバルくんの監視ですから。」

と言い、あの鎖のついた棘の鉄球を手に持ち森へと歩き始める。

それを見たスバルが

「あの、レムさんそれって、、」

と話しかけると

「護身用です。」

と答えるレム。

ついに呪術師の正体が謎の小動物だとわかりました。

物語の中で何度か噛まれたシーンや、噛まれた跡が出ていたのであれは伏線だったようです。

しかし小動物だけでなく、その危険な小動物を毎回抱っこしていたあの少女も怪しいのではないかなと私は思いました。

呪いの力はあるけれどあんな小さな知能が低そうな魔獣1匹で結界の1つを使えなくし村への侵入経路を作れるようにはみえないので、知能のある誰かが意図的に計画し実行したのではないかと考えました。

 

そしてスバルを疑い何か行動しようとすると否定ばかりしていたレムが、スバルの真っ直ぐな思いを聞き今回は受け入れてくれましたね。

少しづつスバルのことを知り、悪い人ではないと感じてきているのではないでしょうか。

この二人がこのまま良い方向に向かうといいなと思います。

 

ロズワール不在中の助けが呼べない状況で果たして二人は無事に子どもたちを救うことができるのか。

レムとラム、スバルの関係はどうなるのか、後半の物語もとても楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話のネタバレと感想・考察②

※ボックスをタップすると開きます!

鬼化するレム

暗い森の中で子どもたちを探すスバルとレム。

レムが生き物の匂いがするという方向へ二人で向かっていると、ひらけた草原にたどり着き横たわる子どもたちを見つける。

生きていると喜ぶスバルに、まだ息はしているが衰弱がひどくこのままでは危ないと話すレム。

子どもたちをよく見ると噛み跡があり呪いが発動したあとだった。

レムでは解呪ができない、せめて治癒魔法を施し落ち着いてから運びましょうと言う。

 

スバルが周囲の警戒に向かおうとすると、ペトラが目を覚まし森の奥にもう1人残っているといい気を失ってしまう。

スバルが子どもたちをみると小動物を抱いていた女の子がいないことに気づく。

探しに行こうとするスバルを止めるレムに

「拾うなら全部拾いきる努力をするべきだ。」

と言うスバル。

 

「欲張りすぎて拾って戻れるはずだったものまでこぼれ落とすかもしれませんよ。」

と返すレムにだからそうならないためのレムだろというスバル。

それとレムに何の関係がと話すレムに今の子供達にはレムが必要だ村の奴らが来たら子どもたちを預けて俺を追ってくれと言うと

「相手の脅威も量れていません。村人がいつ合流するかも 最悪レムがスバルくんを見つけられない可能性だって。」

と話すレム。

「大丈夫お前は俺を見失わない。他の誰も気づかなくてもお前だけは俺のにおいに気づく。俺の身にまとう悪臭に魔女の残り香に。そうだろ?」

とスバルが話すとスバル君はどこまで知って、、とレム。

わかんねえことばっかりだと話すスバルはレムの小指に自分の小指を絡ませ、

「お前が俺に聞きたいことがあるみたいに、俺もお前に聞きたいことがいっぱいある。だから全部片付いたら話そう。喉が枯れるまでだ。約束な!」

と指切りをして言うスバルに困惑した顔を浮かべるレム。

 

「俺はレムを信じてるよ。だからレムに信じてもらえるよう行動したい。そのための約束を今しようっ。」

と笑顔で言うスバルに覚悟をした顔でわかりました約束しましたよと答えるレム。

ムチャしないでくださいねというレムに

「大丈夫なにせ今日の俺はだいぶ鬼がかってから。」

と話すスバルに鬼がかる?と聞くレム。

神がかるの鬼バージョンと言い走り出すスバルに

「気をつけてくださいねっ。」

とレム。

 

1人で森の中を歩き少女を探すスバルは、横たわる少女を見つける。

囮か?と疑うもエミリアならきっと迷わないと覚悟を決め少女のもとへ向か息をしているか確かめるスバル。

良かった息をしていたと安堵するスバルの元へ大きな犬のような魔獣が1匹現れ襲ってくるが、なんとか倒すスバル。

勝ったかと呟くスバルが不穏な空気を感じ振り向くとたくさんの仲間の魔獣が現れ、スバルに襲いかかろうとしたそのときレムが合流し魔獣を倒す。

「つ、強ええぇぇ!!」

と叫ぶスバルに

「女の子にその言葉はどうかと思いますよスバルくん。」

と返しながら魔獣を倒すレム。

しかし多勢に無勢、魔獣の全滅は難しいと言いスバルが少女を運びレムが魔獣を倒し村のかがり火を目指し結界の中へ逃げ込むことに。

 

かがり火が見え、レム、見ろかがり火だとスバルが振り向くと傷を負い血だらけでボロボロのレムが。

そこへ謎の小動物が魔法をつかい土砂崩れおこし土砂がレムとスバルをめがけて流れ込もうとしてくる。

レムはスバルと少女をかばい、二人を安全なところへ押し込むと1人土砂に流され、吹き飛ばされて血を出し倒れてしまう。

 

倒れたレムと今にも襲いかかりそうな魔獣達を見て呆然とするスバル。

すると突然レムが立ち上がり、月明かりに照らされた額から1本の角が生えてくる。

そして狂ったように笑い、

「魔獣魔獣魔獣魔獣魔獣魔獣魔女っ!!」

と叫びながら次々と魔獣を殺していく。

それを見たスバルは

「鬼だ。」

と呟く。

 

正気を失ったレムが謎の小動物を殺そうと狙っていると、そのすきを突いた他の魔獣がレムを襲おうとする。

しかしそれを見ていたスバルはレムを押しのけ、かばうが魔獣に噛まれてしまう。

その光景を見たレムは正気を取り戻しスバルを襲う魔獣を倒し駆け寄る。

「死なないでスバルくんっ。死なないで死なないで死なないで!」

と叫ぶレムと目を閉じるスバル。

ついに魔獣との戦いがはじまりました。

まずは子どもたちが無事で良かったのですが衰弱しているということは呪術の発動後ということになります。

ということはベアトリスでも解呪できないはずなのでこのまま死に至る状態、噛まれてしまったスバルもきっと同じ状態なのではないでしょうか。

次の話では、大きな魔獣を操っていた小さな魔獣がボスみたいなのでその術をかけた本体の魔獣を倒し術を無効するという展開になるのではないのか、それかスバルが死に再び死に戻りするのかのどちらかではないのかなと私は思いました。

これ以上、スバルが死に戻りでリセットされるのはかわいそうすぎるので、出来れば前者であってほしいと思います。

 

そしてレムの正体が『鬼』だということがわかりましたね。

レムが鬼ということはきっとラムも鬼なのでしょう。

二人共『鬼』という言葉に敏感に反応していたり、二人共強く、魔法を使ったり重そうな鉄球を軽々使いこなしていたので納得です。

しかしレムとラムがスバルを殺そうとしていたとき、スバルに何も知らないくせにと怒っていたり、この戦いが終わったらいっぱい話そうとスバルが言っていたのでまだ明かされていない謎がこの二人にはあるのだろうと思いました。

 

再びスバルが気を失ってしまいますが果たしてスバルは生きているのか、死なないでと叫んでいたレムはどんな行動を起こすのか次の展開が楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話のファンの口コミ!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第9話の

ファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

次回『Re:ゼロから始める異世界生活』(アニメ)第1期第10話のあらすじ!

次回の『Re:ゼロから始める異世界生活』(アニメ)第1期第10話のあらすじをまとめています!

 

 

第10話 鬼がかったやり方

ウルガルムの群れから身を挺して子供を救ったスバルだったが、その身に数えきれないほどの呪いをかけられてしまう。複雑に絡み合ってしまった呪いは、最早ベアトリスにも解呪することはできない。あと半日もすればスバルは衰弱し死に至る。残された方法は呪いをかけたウルガルムを全て倒すことだが到底時間が足りない。八方塞がりの状況に諦めかけたスバルだったが、レムがたった一人で森へ向かったことを知り、後を追いかける。

引用:http://re-zero-anime.jp/tv/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です