Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)(アニメ)第1期2話のあらすじ・ネタバレ&感想|再会の魔女

 

2016年4月10日から放送されたアニメ

・『Re:ゼロから始める異世界生活』

・第1期第2話『再会の魔女』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第1話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話の予告動画!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期の出演キャラ/キャスト!

  • ナツキ・スバル/小林裕介
  • エミリア/高橋李依
  • パック/内山夕実
  • フェルト/赤﨑千夏
  • レム/水瀬いのり
  • ラム/村川梨衣
  • ベアトリス/新井里美
  • ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一
  • エルザ・グランヒルデ/能登麻美子
  • ロズワール・L・メイザース/子安武人
  • プリシラ・バーリエル/田村ゆかり
  • アルデバラン/藤原啓治
  • クルシュ・カルステン/井口裕香
  • フェリックス・アーガイル/堀江由衣
  • ヴィルヘイム・ヴァン・アストレア/堀内賢雄
  • アナスタアシア・ホーシン/植田佳奈
  • ユリウス・ユークリウス/江口拓也
  • ペテルギウス・ロマネコンティ/松岡禎丞
  • ロム爺/麦人
  • トン/山本格
  • チン/室元気
  • カン/山下大輝

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話のあらすじ!

 

一度目は何者かに襲われ、二度目はエルザに腹を切り裂かれ、三度目はチンピラにナイフで背中を刺され、スバルは確かに命を失ったはずだった。しかし気が付くとスバルは初めて異世界へとやってきた場所に立っていた。あり得ないと思いつつも自らが置かれた状況から、死ぬ度に初期状態へと戻る死に戻りが起きていることを認識するスバル。サテラやフェルト、そしてロム爺に襲いかかるであろう死の運命を変えるため、四度目となる世界を走りだす。

引用:http://re-zero-anime.jp

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話のネタバレと感想・考察!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話のネタバレと感想・考察①

※ボックスをタップすると開きます!

スバルの能力が発覚!!名付けて『死に戻り』

物語は前回の続きサテラと再開するシーンからです。

サテラは「もう一度聞くわ、どうして私を嫉妬の魔女の名で呼ぶの?」

「禁忌の象徴 嫉妬の魔女 口にするのもはばかられるそんな名で呼ぶなんて。」

と怒り、用ががないならもう行くわとその場を去ろうと歩きだします。

そこへ物陰から様子を伺っていたフェルトが現れ徽章を盗み逃げてしまい、スバルは仲間ではないかと誤解されてしまう。

 

サテラは逃げるフェルトを追いかけ、スバルはサテラを追いかけていきます。

 

追いかける途中、路地に入ると再びチンピラ3人組に出会うスバル。

初めて会ったときと同じように絡まれ

「いい加減にしろよ!性懲りもないにも程があるだろうが!」

と怒り、急いでいるんだとチンピラの横を通り抜けようとしたその時、ナイフで背中を刺され倒れてしまう。

 

大量の血が流れ倒れた目線の先にロム爺に食べられたはずのお菓子が新品のままコンビニ袋の中に入っていることに気づきます。

「これは、ひょっとして、、」と考えるうちに意識が途切れてしまう。

 

目を開けると、やはり最初の果物屋に立っているスバル。カドモンに自分の顔を見たのは何度目かと聞きます。

「何回目も何も 初めてだろが」

と答え初めて会ったときのようにリンガを買うのかと聞き無一文だとわかると再びスバルを追い払います。

 

果物屋を離れ確認するスバル。

持ち物、靴やジャージはもちろん、この世界で3度刺されたはずの体も異世界に召喚された直後の状態に戻っている。

この状況証拠をふまえ自分には『死ぬたびに初期状態に戻る 死に戻り』の能力があることを自覚する。

 

そして4度目のこの世界ではサテラは自分を助けておらず返す恩義もなくなった。

今までのことは忘れ携帯を売り軍資金を作って現代知識で異世界ウハウハライフをしようと考え始める。

 

しかし街を歩きながら、サテラが自分を助け傷を治し自己満足な恩返しに付きあってくれたこと、徽章探しの末にサテラやフェルト、ロム爺がエルザに殺されるであろうことを思い出し、自分がお世話になった人、知り合った人を救うために未来を変える決意します。

 

スバルは急いで果物屋に戻りスリ騒ぎがなかったかカドモンに聞くと先程スリ騒ぎがありつららのような氷の魔法が放たれていたと教えてくれる。無一文で何も買っていないのに教えてくれてありがとうとお礼を伝えると、さっき同じような無一文に迷子の娘を助けられたばっかりだったからなと言うカドモン。

スバル「これも運命の強制力か、、」

と顔がほころぶ。

 

 

果物屋を離れ貧民街に向かう。

「エルザが盗品蔵に行く前にフェルトから徽章を買い取ってサテラに返す」

「次はちゃーんと教名前を教えてもらえるように頑張らないと」

と意気込み路地に入っていきます。

 

そして4度目のチンピラ登場。

すぐさま大声で衛兵を呼ぶスバル。

すると

「そこまでだ。」

と騎士、剣聖ラインハルトが現れ彼を見たチンピラ達は逃げていった。

 

胸に手を当てかしこまって感謝を伝えるスバルにそんなにかしこまらなくていいよ、僕一人じゃこうはいかなかったと謙遜する。

「なんだ、この爽やか指数、、」

と困惑するスバル。

異国の人だろう?困ったことがあれば手伝うよと言うラインハルトに盗品蔵のことを話そうとするがやめるスバル。

 

「そこまで迷惑はかけられねぇ。あとは自分で何とかするさ。」

と言い代わりに白いローブを着た銀髪の美少女に、何が合っても盗品蔵には近づくな。

探しものは必ず自分が見つけて届けるという伝言を伝えてくれと頼みます。

ようやく、スバルの能力が『死に戻り』だとわかりました。

『死に戻り』死ぬと復活するがどこかのセーブポイント?まで戻ってしまう能力

1日のうちに4度も死んで復活する主人公なんてなかなかいないのではないでしょうか。

何故スバルは異世界に召喚され、この能力を得たのか。

これからこの死に戻りの能力でスバルの異世界生活はどう進んでいくのか。

物語が進むことでセーブポイントも変化するのか。

異世界にどんな作用を及ぼしていくのかこれからの展開がとても気になります。

 

そして今回の話に出てきた禁忌の象徴『嫉妬の魔女』。

サテラという名前らしいのですがなぜこの世界の人が忌み嫌うのか。

なぜその名を銀髪の美少女は偽名として使ったのか。

物語の中で重要な部分であることは確かなのではと私は思いました。

 

これは予想なのですが、1話目でサテラ(偽名)が自分はハーフエルフだと言うときに悲しそうな顔をします。

しかしスバルはだからかわいいのかと笑顔で返します。

するととサテラは困惑し更に、だからハーフエルフだよ?と返します。

態度の変わらないスバルを見て最終的に照れた顔でしゃがみ込むのですが、このことからハーフエルフはこの世界では人々から距離を置かれる存在なのではないかと考えました。

名前を言うのもはばかられる『嫉妬の魔女』のように人々に距離を置かれるハーフエルフ。

もしかすると『嫉妬の魔女』はハーフエルフだったのではないかなと。

 

エルザが盗品蔵につく前に徽章を取り戻しサテラ(偽名)に返すという作戦は無事に成功するのか。

今回登場したラインハルトはどのようにスバルに関わっていくのか後半の物語も楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話のネタバレと感想・考察②

※ボックスをタップすると開きます!

サテラ?との再開

夕方ごろようやく貧民街につき、フェルトの寝ぐらを聞き込み探し向かいます。

 

その途中女性とぶつかり、謝りながら顔をみるとそれはエルザでした。

盗品蔵でのことを思い出し怯えるスバルに怖がらなくてもいいのよと言うエルザ。

 

怖がっていないと強がるスバルに

「匂いでわかるのよ。」

スバルが怖がりそして怒り敵意を持っていることがわかると言います。

しかし、今は用事があるから騒ぎは起こせないとその場を去ろうと去り際に

「また会えそうな気がするわね」

と言い残します。

 

 

寝ぐらにつき、中を覗き込んでいると

「てめえ 人んち覗き込んで何してんだ。」

とフェルトが現れます。

 

怪しむフェルトが強盗だと思いナイフでスバルに攻撃、スバルがフェルトの名を呼ぶと

「なんであたしの名前を知ってんだ?盗むの依頼か?」

とようやく攻撃の手を止め話ができるように。

 

徽章の話をするスバル。

携帯を取り出し前回説明したようにこれは時間を切り取るミーティアで聖金貨20枚以上の代物だと交渉する。

それに対しフェルトは物珍しいのは理解したが本当にその価値があるのか、盗品蔵のロム爺さんに公平に鑑定してもらうのが筋だと言い、結局二人は盗品蔵へ向かうことに。

 

盗品蔵に向かいながら話す二人。

「強く生きろよ。」

と言うフェルトに対しスバルは貧民街の皆それ言うけどここのスローガンなの?と問いかけます。

 

すると、ここの奴らと一緒にすんなっ自分はこんなところで一生を終える気はないんだと怒るフェルト。

 

聖金貨20枚でお前の夢は叶うのかと問うスバルに、

「でっかく目標に近づくのは間違いねえよ、私一人なら無理すりゃやってけねえこともねえだろうけど。」

というフェルト。

ロム爺を思うフェルトの目標に

「あの子のためだけじゃない。待ち受ける運命を俺が変えてやる。」

と改めて決意するスバル。

 

 

盗品蔵につきロム爺に携帯を鑑定してもらうとやはり聖金貨20枚以上の価値があると言う。

これで交渉成立!皆で一杯やりに行こうぜと急ぐスバルを見て怪しむフェルト。

なぜ、皆この徽章を欲しがるのか、見た目以上に価値がありミーティアよりも価値があるのではないかと疑い始める。

 

焦ったスバルは、聖金貨20枚で手をうっとけ、エルザもその金額しか出せないということを伝えてしまいフェルトに

「語るに落ちてるぜ、関係者だってな。」

と言われしまう。

 

焦るスバルをよそにフェルトは依頼人の意見を聞かなくちゃフェアじゃないと言う。

スバルが徽章を欲しがる理由を元の持ち主返したいからだと正直に話すと、ロム爺は嘘をついてるようには見えんがとフェルトに言うも信じないフェルト。

 

そこへ扉をノックする音が。

 

「私の客かもしんねえ。」

と扉に向かうフェルト。

 

「開けるな!!殺されるかもしれねぞ。」

とスバルが言うも扉を開けてしまう。

 

差し込む光の中から現れたのは、サテラ(偽名)だった。

「殺すとかそんなおっかないこといきなりしないわよ。」

貧民街でエルザとの再開、また殺されてしまうのかとどきどきしましたが大丈夫でした。

匂いで相手の気持ちを察知し戦いもとても強く性格はサイコパス、職業はプロの殺し屋、暗殺者っぽいなと思いました。

 

ただそんな怖いエルザを雇う雇い主は一体誰で何者なのかがとても気になります。

サテラ(偽名)の徽章を狙うということは100%敵なのは間違いなさそうです。

そして皆が欲しがる徽章にはどんな価値があるのかも気になりますね。

 

今回好きだなと思ったシーンはフェルトの悪事に手を染めているも、その理由が自分のためだけでなくロム爺と二人で貧民街から抜け出したいという目標を叶えるためだということを知るシーンでロム爺が幼いフェルトを大切に見守って二人で生きてきてそんなロム爺のことがフェルトは大切なんだなたんだなと感じ早く二人で幸せに暮らしてほしいと思いました。

 

扉からサテラ(偽名)が登場して今回の話は終わりましたが次の話はどんな展開になるのか。

果たして徽章を取り戻すことができるのか、また、エルザから逃げるorエルザを倒すことができるのか。

次回もとても楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第2話のファンの口コミ!

『Re:ゼロから始める異世界生活第1期第2話』

のファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

次回『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第3話のあらすじ!

次回の『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期3話のあらすじをまとめています!

 

 

第3話 ゼロから始まる異世界生活

エルザが盗品蔵に来る前にフェルトから徽章を買い取り、サテラに返そうとするスバル。しかし交渉の途中でサテラが現れ、さらにはエルザが襲いかかってくる。応戦するパックはエルザをあと一歩のところまで追い詰めるが、途中でマナが切れてしまい消えてしまう。パックを欠いたスバルたちではエルザを倒すどころか攻撃を防ぐことすらままならない。絶体絶命の状況に追い込まれてしまったスバルは、自らの体を張ってどうにかフェルトを逃がすことに成功する。

引用:http://re-zero-anime.jp

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です