Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)(アニメ)第1期15話のあらすじ・ネタバレ&感想|狂気の外側

 

2016年7月14日から放送されたアニメ

・『Re:ゼロから始める異世界生活』

・第1期第15話『狂気の外側』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第14話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話の予告動画!

『Re:ゼロから始める異世界生活(アニメ)』第1期の出演キャラ/キャスト!

  • ナツキ・スバル/小林裕介
  • エミリア/高橋李依
  • パック/内山夕実
  • フェルト/赤﨑千夏
  • レム/水瀬いのり
  • ラム/村川梨衣
  • ベアトリス/新井里美
  • ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一
  • エルザ・グランヒルデ/能登麻美子
  • ロズワール・L・メイザース/子安武人
  • プリシラ・バーリエル/田村ゆかり
  • アルデバラン/藤原啓治
  • クルシュ・カルステン/井口裕香
  • フェリックス・アーガイル/堀江由衣
  • ヴィルヘイム・ヴァン・アストレア/堀内賢雄
  • アナスタアシア・ホーシン/植田佳奈
  • ユリウス・ユークリウス/江口拓也
  • ペテルギウス・ロマネコンティ/松岡禎丞
  • ロム爺/麦人
  • トン/山本格
  • チン/室元気
  • カン/山下大輝

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のあらすじ!

 

ロズワールの屋敷にやってきたスバルの目の前に広がる信じられない光景。こんなことを望んでいたわけではないと嗚咽するスバル。絶望に打ちひしがれたスバルの視界は次第に白く染まり、やがて声が響く。もう遅すぎたんだよ……と。そこでスバルの意識は途切れ、気が付くとルグニカの果物屋の前に立っていた。レムの呼びかけに顔をあげたスバルは呆然とレムを見つめ、そのまま涙を流し、口を吊り上げ笑い始める。

引用:http://re-zero-anime.jp

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のネタバレと感想・考察!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のネタバレと感想・考察①

※ボックスをタップすると開きます!

魔女教徒に連れ去られるスバル

前回の続き、屋敷に到着しレムの遺体のシーンから始まります。

 

スバルが泣き震えながら辺りを見渡すと黒装束の死体が転がっているのを見つけ、近くの小屋に目を向ける。

中を見てみると、村の子供達の無残な死体があり思わず嘔吐するスバルは泣きながら、きっかけさえあれば何もかも問題なんて消えてなくなると思っていた自分を思い出し、違うこんなことを望んだんじゃ・・・と呟く。

そして誰かいないかと死体だらけの屋敷を歩く。

 

屋敷を歩き部屋の扉を開けるとラムとペトラの死体が倒れ出てくる。

 

ラムは口から血を流し、ペトラは目がえぐりとられ死んでいる姿を見て、思わず座り込み泣きながら違う俺のせいじゃ・・・と言いかけ、エミリアの花飾りと血のあとを見つけるスバル。

 

血のあとに沿って歩いていくと隠し扉を見つけ中に続く道を歩くスバル。

中は壁も床も天井も氷がはっており奥に扉を見つけ取っ手に手をかけ開けようとした瞬間、指が凍りちぎれてしまう。

驚き倒れるスバルが辺りを見渡すと、黒装束の集団が凍り死んでいるのを見つけ自身も凍りながら動けずにいるとパックの声が聞こえてくる。

「もう、遅すぎたんだよ。」

そしてスバルは凍り、頭が割れ死んでしまう。

 

目が覚めるとそこはレムと街にでかけたときの時間、カドモンの店の前に戻っていた。

呆然とするスバルを心配するカドモンとレム。

スバルはレムに気づくとレムを抱きしめ、正気を失い泣きながら狂ったように乾いた声でハハっハハハっと笑う。

 

クルシュの屋敷に戻りベットに寝かされるスバルを見て、これはどうしようもない体の傷ならともかく心はどうしようもないからと話すフェリス。

クルシュが原因はわからないのかと聞くとわからないし呪術の類でもなさそうだと言う。

フェリスでもわからないのであれば当家で治療できるものはいない、力になれずすまないというクルシュに丁寧にお礼を伝えるレム。

「確かにマナの干渉はない。でも魔女の瘴気。」

とスバルからでる瘴気に反応し心のなかで呟くレム。

 

次の日、正気を失ったスバルを連れ屋敷に戻ることにしたレム。

クルシュとフェリスに礼を伝えると、屋敷に戻って治す手立てはあるの?と心配するフェリスに、レムや姉さまそしてエミリアさまの名前を呟いているからもしかしたらエミリアに会えば変わるかもしれないと話すレム。

そんなレムに無粋の極みだが聞きたいことがあると言い、クルシュがなぜ主従の関係でもなく男女の関係にも見えないのにそこまでナツキ・スバルに尽くすのかと問うと、笑顔で

「スバルくんが特別だからでしょうか。」

と真っ直ぐに答えるレムに思わず呆然とするクルシュとフェリス。

その後微笑みながらスバルは果報者だなというクルシュと本当に、元通りになったら意地でもいじめ抜いてやんなきゃですねと茶化すフェリス。

竜車を借り、クルシュとフェリスとヴィルへレムに見送られるレムとスバル。

 

夜になりスバルは竜車の中で寝て、外で焚き火にあたり地竜をなでながら話しかけるレム。

スバルが悩んでいることもエミリアと口論したことも知りながら、クルシュの屋敷でスバルを独占できたことを嬉しく思ってしまってごめんなさいと呟くレム。

「でも、大丈夫ですよねスバルくん。スバルくんはいつだって鬼がかってるすごい人なんですから。」

とスバルが助けてくれたときのことを思い出すレム。

 

朝になり再び屋敷へと向かう二人。

森の道を進んでいると、森が静かすぎることに気づくレムにラムの共感覚が伝わってくる。

早く戻らないとと思った瞬間、地竜の首がはねられ竜車が倒れスバルは投げ出されてしまう。

スバルが目を開けると、黒装束の集団があたりを囲んでおり一人がスバルに触れようとした瞬間レムが攻撃しスバルくんに触るなと叫ぶ。

黒装束がレムを攻撃し反撃するが肩に傷を負うレムの隙きをつき、黒装束の一人がスバルを抱え連れ去っていく。

 

その姿を見て

「魔女教徒!姉さまからツノを奪いレムから生きる理由を奪っただけじゃ飽き足らず、今この場で死にゆく理由すら奪うのか!」

と叫び、攻撃しようとするレムに集団で火の魔法を使う魔女教徒。

ついにスバルが壊れてしまいました。

何か起これば自分が戻ればなんとかなる、そうしたら前のように信じてもらえると思っていたときに絶望でしかない無残な村人の姿やレム、ラムの姿を見てしまったら狂ってしまうよなと思いました。

 

盗品蔵の話のときにエミリアが、自分に何かあればパックが世界を滅ぼす?みたいなことを言っていたので今回のスバルの死因はパックによるものという感じですね。

 

そして今回の話ではレムが本当にいい子なんだということが伝わりましたね。

正気を失ったスバルを支え、独占できていたことが嬉しかったと話しスバルを一生懸命守ろうとしている姿を見て本当に優しくて一途でいい子だと思いました。

 

後半の話でレムが生きていることを願います。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のネタバレと感想・考察②

※ボックスをタップすると開きます!

パックによるスバルの二度目の死

スバルが目を覚ますと暗い洞窟のようなところで鎖に繋がれ、

「確かにこれは興味深い。あなたもしや”傲慢”でありませんデスかね?んーお答えいただけないようデスね。」

と自分の指を噛み血を流す男に話しかけられる。

 

スバルが怯え喋れないでいると、そういえば自己紹介がまだでしたねと言い

「私は魔女教大罪司教 ”怠惰”担当ペテルギウス・ロマネコンティ デス!」

と気味の悪い男が話す。

 

正気を失い喋れず笑うことしかできないスバルを見て、実に興が乗ると言い、脳が震えると叫ぶペテルギウス。

一人の教徒に彼は何なのですと聞き、地竜に乗っていたところを見つけ地竜は殺したと聞くと、即座に清掃を来る試練の日のために存在が露見することは避けるのですと指示を出す。

 

同乗者の少女は安否が不明だと聞くと、その教徒にあなた怠惰ですねと言い地面に叩きつけ

「試練を前に不安要素を残した!それが福音に対するあなたの真摯な報い方デスかー!怠惰怠惰怠惰怠惰、、、、」

「寵愛に背いた我らの怠惰をお許しください。愛に愛に報いなければあー。」

と叫び、少女を殺して連れてこいと指示を出すと教徒の集団は地面に溶けるように消えていく。

 

誰もいなくなると、スバルに答えるのですと迫るペテルギウスはなぜ体から溢れ出る濃密なまでの寵愛を賜っているのか、福音書は持っていないのかと問う。

しかし答えないスバルに、質問の順番を変えますと言いなぜ狂人のふりなどしているのですかと詰め寄る。

スバルがよだれを垂らし泣きながら頭を抱え震える様子を見て滑稽なりと笑うペテルギウス。

 

そこへレムが現れ教徒の集団も戻ってくる。

スバルを連れ戻すために魔女教徒と戦うレムとスバルの目があった瞬間、ペテルギウスの魔法で空中に浮かび血が流れ殺されるレム。

「怠惰なる権能、見えざる手デス。」

と呟くペテルギウスは、見るのです、あなたが怠惰で何もしなかったから死んだあなたが殺したのですと言いながらレムの四肢と首を逆方向に見えざる手で曲げる。

 

それを見たスバルはようやく言葉を発し、ペテルギウス殺してやると叫び暴れる姿を見てそれに喜ぶペテルギウス。

叫ぶスバルを無視しここは随分と汚れてしまいましたし、放棄すると言い教徒に役割を続行するために他の指と合流するように指示を出す。

スバルのことはすぐには殺さず御心に従い福音がもたらされれば助かるでしょうと鎖に繋いだまま放置し、無残に殺されたレムは地面に落とされる。

 

鎖に繋がれたまま殺す殺す殺すと呟き頭を地面にぶつけるスバルの耳に何かを引きずるような音が聞こえ、前を向くと四肢も首も曲げられ無残な姿のレムが体を引きずりスバルの元へ向かってくる。

レムを口で引張り体で受け止めるスバル。

 

呼吸も絶え絶えにスバルの鎖にヒューマの呪文を唱え鎖を壊すと、

「生、き、て、、、だい、す、き。」

と呟くとスバルの腕の中で死んでしまう。

 

レムの亡骸を抱え屋敷へと向かうスバル。

道中の村には村人の死体が転がり、雪が降ってくる。

 

吹雪の中、屋敷に着くと小屋の前には魔女教徒の死体とラムの死体があり泣き膝から崩れ落ちるスバル。

音がし、スバルがその方向を見ると屋敷が崩れその上には大きな獣がおりスバルと目が合うと

「眠れ。我が娘と共に。」

というパックの声とともにスバルの首が地面に落ち、辺りは猛吹雪になり世界を白く包む。

 

スバルが目を覚ますと再びカドモンの店の前だった。

スバルを心配するレムの声を聞き我に返り、何度もレムの名前を呼ぶスバル。

店の前でいちゃつくなと追い出されたスバルはレムと手をつなぎ街を歩く。

 

スバルからする魔女の匂いが強まったよ言うレムに、不安ならこうして捕まえといてよと繋いだ手を見せこれなら安全な気がするだろと言うスバル。

レムが嬉しそうに手を繋ぎ歩く隣で険しく憎んだ表情をしているスバル。

ついに魔女教が物語に本格的に登場しました。

 

謎が多い魔女教ですが、今回登場したペテルギウスが”怠惰”担当と言っていたので他にもそれぞれの大罪の冠を担当する司教が現れそうですね。

魔女教徒でさえも魔女に寵愛されるスバルのことを知らないみたいだったので余計に謎が深まりました。

 

ペテルギウスが試練の日としきりに言っていたのは、メイザース領を襲いエミリアを殺す日だと思われ事前に入念に準備がされていたみたいです。

 

そして物語の後半でもレムがただただ本当にスバルのためを思い動かない瀕死の体を引きずり助けるシーンに痛々しいけどとても感動し、ぜひ実際にアニメを見てほしいと思いました。

 

レムに助けてもらい洞窟から抜け出すのですが、着いた頃には村人もラムも惨殺されパックの吹雪でスバルは死に再びカドモンの店の前に戻りました。

最後のシーンでスバルは今までになく険しい顔をしていましたがどんな行動をとるのか次回のお話が楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のファンの口コミ!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第15話のファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

次回『Re:ゼロから始める異世界生活(アニメ)』第1期第16話のあらすじ!

次回の『Re:ゼロから始める異世界生活(アニメ)』第1期第16話のあらすじをまとめています!

 

 

第16話 豚の欲望

再びルグニカの果物屋の前で目を覚ましたスバル。八方塞がりのような状況をどうにか打破しようとスバルはクルシュに助けを求めるが、にべもなく断られてしまう。プリシラやアナスタシアも同様の反応を示し、ただ助けて欲しいと求めるばかりのスバルの願いを聞き入れてくれる者は誰もおらず、ただ時間だけが過ぎていく。せめて事が起きる前にエミリアたちを連れ出すことができればと、スバルはレムと共に竜車でロズワールの屋敷へ向かう。

引用:http://re-zero-anime.jp

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です