Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)(アニメ)第1期10話のあらすじ・ネタバレ&感想|鬼がかったやり方

 

2016年6月9日から放送されたアニメ

・『Re:ゼロから始める異世界生活』

・第1期第10話『鬼がかったやり方』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第9話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話の予告動画!

『Re:ゼロから始める異世界生活』(アニメ)第1期の出演キャラ/キャスト!

  • ナツキ・スバル/小林裕介
  • エミリア/高橋李依
  • パック/内山夕実
  • フェルト/赤﨑千夏
  • レム/水瀬いのり
  • ラム/村川梨衣
  • ベアトリス/新井里美
  • ラインハルト・ヴァン・アストレア/中村悠一
  • エルザ・グランヒルデ/能登麻美子
  • ロズワール・L・メイザース/子安武人
  • プリシラ・バーリエル/田村ゆかり
  • アルデバラン/藤原啓治
  • クルシュ・カルステン/井口裕香
  • フェリックス・アーガイル/堀江由衣
  • ヴィルヘイム・ヴァン・アストレア/堀内賢雄
  • アナスタアシア・ホーシン/植田佳奈
  • ユリウス・ユークリウス/江口拓也
  • ペテルギウス・ロマネコンティ/松岡禎丞
  • ロム爺/麦人
  • トン/山本格
  • チン/室元気
  • カン/山下大輝

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のあらすじ!

 

ウルガルムの群れから身を挺して子供を救ったスバルだったが、その身に数えきれないほどの呪いをかけられてしまう。複雑に絡み合ってしまった呪いは、最早ベアトリスにも解呪することはできない。あと半日もすればスバルは衰弱し死に至る。残された方法は呪いをかけたウルガルムを全て倒すことだが到底時間が足りない。八方塞がりの状況に諦めかけたスバルだったが、レムがたった一人で森へ向かったことを知り、後を追いかける。

引用:http://re-zero-anime.jp

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のネタバレと感想・考察!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のネタバレと感想・考察①

※ボックスをタップすると開きます!

スバルを救うため1人森に入るレム

前回魔獣に襲われ、意識がうつろなスバルが見えたのは話しをしているレムとベアトリス、自分の手を握るエミリアの姿。

「諦めるんですか助ける方法は他には、、」

と話すレムに

「あとはお前の好きにするがいいのよ。」

と返すベアトリス。

 

意識が遠のく中で

「必ず 助けます。」

と呟くレムの声が聞こえ、目を覚ましたスバル。

「また、見知らぬ天井。」

と横たわったまま天井を見上げるスバルが起き上がろうとするも痛みが走り起き上がれない。

体を見るとケガを治療したあとがあり、近くにエミリアが椅子に座り眠っている。

また借りを作ってしまったと呟くスバルに借りに対する見合った成果があるからエミリアも貸し借りなんて言わないんじゃないかなとスバルに話しかけお腹にちょこんと座るパック。

 

魔獣に噛まれてから記憶がないと話すスバルにすごいケガだったよと話し、レムもすごい有様だったけど鬼化の影響でケガをガンガン治すしスバルを担いで戻った時点で目立った外傷はなかったよと話す。

レムも村に戻ってんだなと安心し、子どもたちの解呪は?エミリアは一晩中ここに?と聞くスバルにそれも大丈夫、僕とベティでうまくやったから問題なしと答え、エミリアは治療でオドまで削って消耗してるから寝かせておいてあげてと話すパック。

 

回復したスバルが休ませてもらっていた村人の家から出ると、外で作業をしていたラムに話しかけられる。

「バルス起きたのね。」

と話すラムに

「なんつーかその、、レムのことは、、」

と話そうとしたスバルはお腹がなってしまう。

その音を聞いたラムは茶化した後、持っていたさつま芋をスバルの口に押し込め

「食らうがいいわ、美味しいでしょ。」

「出来たて、いえ、蒸したてよ。」

とウインクで決め顔をしてくるラムを見て熱くて火傷しそうになりながらツッコミを入れるスバル。

 

そしてスバルに礼を言い、

「領民に何か不利益があれば領主に責任が問われる。あのままウルガルムの群れに子どもたちが脅かされていたらと思うとバルスの行動は正解だったわ。」

と話すレムは、でも大丈夫、ほつれたいた結果は直したから村の中は安全よと教えると村人たちに蒸し芋を配る。

 

襲われた子どもたち一人ひとりの家を周り、顔を見に行くスバル。

子どもたちの顔を見終わりスバルが村を歩いているとベアトリスを見つけ解呪のお礼を言う。

ベアトリスは別にと答えにーちゃに頼まれたからたからだと返すと、それよりも話があると言いスバルを連れ出す。

 

村から少し離れたところで話す二人。

「あと半日もしないうちにお前は死ぬかしら。」

と真剣な顔で話し、森に魔獣に襲われたとき追加でごっそり呪いを植え付けられたと言うベアトリス。

解けない呪いってのはどういう理由なんだと聞くスバルに

「簡単な理由かしら。かけられた呪いが重なりすぎて解くには複雑になりすぎてしまっているのよ。」

「呪いが一つならたぐって簡単に解くこともできるかしら。でもお前にかけられた呪いは何本もの糸が複雑に絡まり合いもつれている状態なのよ。」

と話すベアトリス。

 

あの魔獣の呪いは対象からマナを奪うという呪いで半日もすればマナを求めて術式を発動するだろうというベアトリスに、

「腹減ったから人を襲うかさすがは野生動物、シンプルだあ。あいつらの小腹が今まで空いてなかったことに感謝しなきゃだなあ。」

と普通に話すスバルに死ぬのが怖くないのかと聞きこれは余命宣告なのよとベアトリス。

しかし死ぬのは怖いけどわざわざ死の宣告しに来るだけのただの意地悪じゃないと俺は思ってると言うスバルに、可能性は低いが呪いをかけたやつを倒せば呪いは解けるというベアトリス。

そして、呪いのことを知ったら絶対に無茶をするエミリアにはスバルにかかっている呪いのことは伝えていないと言う。

 

それを聞き安心し数も多いし諦めるしかねえかと呟きしゃがみこんだその時、意識がうつろな中で聞いたレムの言葉を思い出しレムの居場所を聞くスバル。

お前が同じ立場ならどうするかしらというベアトリスとその言葉を聞いていたラムが現れ、

「今の話、聞き捨てなりません。ベアトリス様まさかレムは一人で森に、、」

と言う。

 

同時刻、ケガだらけのレムが武器を持ち森の中を一人で歩いている。

「レムが、レムが一人でやらなきゃ。傷つくのはレムだけでもう十分。」

 

ベアトリスの話を聞いたラムがレムの元へ向かおうとし、それを引き止めレムの場所がわかるのかと聞くスバル。

「分かるわ。ラムの千里眼を使えば。ラムと波長の合う存在、虫や動物といった生き物と視界を共有する力よ。」

と話すラムにお前も戦えるタイプのメイドだったりする?俺も一緒に行くと言うスバル。

 

鬼化したレムと同じくらい戦えると思ってる?と言うラムに双子だからラムも鬼だろうというスバル。

「レムと違ってラムはツノなしだから少し過激に風の魔法が使えるだけよ。」

と話すラム。

「姉妹の妹を連れ戻すってことは自分の命を諦めるってことなのよ。お前はそれが理解できているのかしら」

と言うベアトリスにスバルは全員助けて生き残る逆転劇を起こすと言い

「運命様上等だ!!!」

と覚悟を決めて叫ぶ。

自分をかばい呪いを受けてしまったスバルを助けるために1人で森へと向かうレム。

あんなにもスバルのことを警戒し疑っていたのに命をかけて行動して、根はすごく優しいいい子なんだろうと思いました。

そしてやはりレムとラムは二人共『鬼』でしたね。

しかし、ラムは自分をツノナシだといい戦闘力もレムより低いと言っていました。

ツノナシということは鬼の象徴であるツノがないということだと思うのですが、なぜラムだけツノがないのかはレムが言っていたように魔女教が関係しているのではないかと思います。

もしかしたら、ラムとレムの普段の仕事の出来不出来の差もツノが関係しているのかなと思いました。

スバルは逆転劇を起こすと言っていましたが全員無事で魔獣を倒すことができるのか後半の物語が楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のネタバレと感想・考察②

※ボックスをタップすると開きます!

ツノへの一撃!!

森へと再び向かうスバルは村人たちから村一番の剣、子どもたちからも何かをもらい見送られる。

レムを探し、森の中を歩くラムとスバルは子どもたちからもらったものを見返し、

「お菓子ときれいな石、後ほかは、、む、虫入ってやがった!!」

とポケットに入っていた大きな何かの幼虫を投げ捨て、あとで説教してやらねえととぶつぶつ呟くスバル。

 

その姿を見てなぜこんな男が慕われているのかしらと言うラムに慕われているのは俺だけじゃないぜと言う。

そうねと言い村でのことを思い返すラム。

 

スバルとラムを送り出す際、スバルに群がっていた子どもたちはラムにも話しかけ

「ラムちーっ。レムりんにもお礼言いたいからあとで連れてきてね。絶対ねラムちー。」

と言っているそれを思い返し微笑むラム。

 

そして千里眼を使いレムを探し始めるラム。

森の動物達の視界を使い見ていると自分たちを見る視界を見つけスバルに伝える。

それは魔獣ウルガルムの視界で突然襲ってくるが風の魔法で倒し先を歩くラムと後を追いかけるスバル。

 

それにしてもなぜどの個体もスバルを見た途端冷静さを失うのかと疑問を言いしばらく考え、

やっぱり弱そうだから?それともチョロそうだからと話すラムにツッコむスバル。

 

ツノナシって何か聞いてもいいかと言うスバルに、過去のことを思い出すラム。

「別に。聞いたまま。鬼のくせにツノをなくした愚物に与えられる別称よ。ちょっとしたいざこざで1本しかなかったツノをなくしたのよ。以来、何事もレムを頼ることにしているわ。」

と話すラムに多分悪いこと聞いたよなと申し訳無さそうな顔をするスバル。

何故と聞くラムに鬼の種族にとってツノがどれほど重要かわからないけど、きっと予想じゃかなり大きな問題だろと話しそれに結構無神経に触ったかなと思ってとスバル。

ラムは

「当時はともかく、今は落ち着いているわ。ツノをなくしたことで得たものもあったし拾えた命もある。」

「もっともレムはそう思ってはいないでしょうけど。」

と話し更に、

「元来鬼族は2本のツノを持っている。けれど双子はそのツノを最初から1本欠損して生まれてくるの。だから双子は忌み嫌われ生まれた直後に処分されるのが習わし、でもラムたちは生かされた。鬼族のツノは鬼としての本能を呼び覚まし、周囲のマナを食らい尽くして戦闘能力を高める器官なの。」

「でもムチャをすればその反動でボロボロに傷つく。そんなレムを見たくない。」

と言う。

 

その頃レムは鬼化しウルガルムの群れ相手にし戦っている。

 

レムが心配かと聞くスバルに心配よと答え確かにラムよりレムのほうが戦闘能力は高いけどそれが心配しない理由にはならないと話し何をやらせてもあの子のほうがずっと上、でもあの子の姉様だものと言い、

「その立場だけは絶対に揺るがない」

と真剣な顔で話すラム。

それを聞き俺に考えがあると言うスバルに首をかしげるラム。

スバルは心のなかで

「俺の考えが正しければきっと来る。死に戻りのことを伝えようとすればそれに誘われて。」

と言い、ラムに俺、実は死に、、、といった瞬間黒い手に心臓を掴まれ苦しむスバルと荒れはじめる森に驚くラム。

「何をしたのバルス!風が乱れて獣臭が近づいてくる。それもすごい数、レムはまだ見つからないのに。」

と言うラムに大丈夫だ魔獣たちは自分から出る魔女の残り香に誘われてやって来る、魔獣を全部狩ることが目的のレムはその魔獣を追って必ずやって来ると言い名付けてナツキ・スバル囮大作戦だと話すスバル。

 

そして集まってきたウルガルムの群れと戦い始めるスバルとラム。

 

別の場所でウルガルムの群れを狩り終わったレムは魔女の残り香に気づく。

 

場面はかわり、マナを使い果たしたラムがスバルに抱きかかえられ魔獣から森の中を逃走していると崖から落ち、滑り落ちながらも剣を岸壁に突き刺し止まるスバルしかし剣が折れ再び落下する二人、するとラムが

「エルフーラ!」

と風の魔法を唱え衝撃を和らげ、先にスバルが着地しラムを抱きとめ声をかけるがラムは気を失い鼻から血を流している。

 

そこに現れる、ボスの小動物とウルガルムの群れ。

絶望するスバルのもとにレムが現れるが、鬼化を制御することができないらしく正気を失い魔女の残り香のするスバルに攻撃を始める。

 

スバルを襲う隙きをついてレムに攻撃を仕掛ける魔獣。

その間にラムを抱えて逃げようとするスバルだがレムが魔獣の数におされているのを見て、再び自分は死に戻りしていると叫ぼうとして魔女の残り香を出し、魔獣の注意をひきつける。

その隙きをついて再び魔獣を倒し始めるレムとその間にその場からラムを抱えて離れるスバル。

 

ラムは目を覚ましスバルにツノよと言う。

「レムを鬼たらしめているものはあの角だから一発強烈なのを叩き込めばそれで戻ってくる。はず、きっとだといいわ。」

と話し、あそこに一発って無理くさくねと身軽に暴れまわり魔獣を倒すレムを見るスバル。

知恵と勇気を振り絞ってどうにかなさいと言うラムにどうにかできそうな方法は思い浮かんでいるが、きっとそれはお前が怒るしと言うスバルに

「それで妹が正気に戻るならラムは怒ったりしないわ。」

と言い、本当に?ロズっちに誓って?というスバルに本当の本当よ、そこを選ぶなんて命知らずねと言い、ロズワールに誓ってと言うラム。

 

スバルはよーしと言うと、肩に抱きかかえていたラムをレムめがけて放り投げる。

レムは飛んできたラムをキャッチし抱きかかえその隙きをついてスバルはレムのツノを狙うがあと1歩をビビってしまい、避けられ勢いで倒れそうになったところをボスの小動物の魔法で地面が吹き飛び、一緒に空に吹き飛ばされてしまう。

吹き飛ばされたスバルを殺そうと狙うレムにも小動物は地面が吹き飛ぶ魔法を使うが、ラムを抱きかかえたままそれを足で踏みつけ相殺し地面が波打つ。

その隙きをレムめがけて落ちていくスバルは

「ここを逃せばもう先はない。笑えレム!今日の俺は鬼より鬼がかってるぜー!!」

と言いレムのツノに一撃を加える。

後半は魔獣との戦いと鬼についてがメインの話でした。

やはり元々、ラムもツノがありスバルには説明しませんでしたが過去の描写的に、子供の頃に鬼族の村で何かがありそのときにツノを失ったようでした。

二人の過去の話は戦いが終わった後レムの口から聞けることになりそうです。

 

今回は結構シリアスな展開が多いと思いましたが、やはりスバルとラムが揃うことでシリアスな中でも冗談を言い合ったりと気を緩めて笑える場面があったので楽しく観賞することができました。

どんな場面でも所々にある笑えたり微笑ましく思えたりするところが含まれているのがリゼロのいいところだなと改めて思いました。

スバルは無事にレムに一撃を加えることができましたが、ボスの小動物をまだ倒せていないので次の話ではどうなるのか、レムは正気を取戻したのか二人の過去に一体何があったのか展開が楽しみです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のファンの口コミ!

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第10話のファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

次回『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第11話のあらすじ!

次回の『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期第11話のあらすじをまとめています!

 

 

第11話 災厄、再び

辺境の村で新たな「波」を迎え撃つ尚文。志願兵の協力もあって村人の安全は確保したが、「波」はいつまで経っても収まる気配がない。尚文がほかの勇者の援護に向かうと、そこには巨大な幽霊船が浮かんでいて……。

引用:http://re-zero-anime.jp

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です