七つの大罪 神々の逆鱗(アニメ)第4期2話のあらすじ・ネタバレ&感想|聖戦の記憶

 

2019年10月16日に放送されたアニメ

・『七つの大罪 神々の逆鱗』

・第4期第2話『聖戦の記憶』

のあらすじ・ネタバレや感想をまとめています!

 

実際に視聴した感想SNSから集めたファンの感想や口コミもまとめているので参考にしてみてください。

 

前回第1話のあらすじ・ネタバレ・感想はこちらでおさらいできます!

このあとはアニメの重要なシーンのネタバレも隠さずに紹介しています!

ネタバレの前にアニメをみたい。

と思ったならネタバレより先に本編を見る方がより理解が深まって楽しめますよ!

 

こちらで今すぐ無料で見ることができます。

 

 

U-NEXT

『七つの大罪 神々の逆鱗(アニメ)』第4期の出演キャラ/キャスト!

  • メリオダス/梶 裕貴
  • ゼルドリス/梶 裕貴
  • エリザベス/雨宮 天
  • エスタロッサ/東地宏樹
  • ホーク/久野美咲
  • ガラン/岩崎ひろし
  • ディアンヌ/悠木 碧
  • メラスキュラ/M・A・O
  • バン/鈴木達央
  • ドロール/小野大輔

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のあらすじ!

 

〈十戒〉の脅威から逃れるため、妖精王の森へと避難していたキングとディアンヌ。花びらが舞い散る大樹の広場で妖精たちとの束の間の戯れを楽しむ中、2人はいつの間にか意識を失ってしまう・・・。そして、目を覚ました2人の目の前に立ち塞がるのは〈十戒〉「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロール!死を覚悟して戦いを挑む2人であったが、桁違いの力の差に手も足も出ない。傷付き、倒れ、まさに最期の瞬間を覚悟したその時、2人が〈十戒〉から耳にしたのは意外な言葉だった。

引用:https://www.7-taizai.net/

 

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のネタバレと感想・考察!

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話を実際に見た視聴者による

・心に残るシーンのネタバレ

・今回のストーリーの感想

をまとめています!

 

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のネタバレと感想・考察①

※ボックスをタップすると開きます!

グロキシニアとドロールの圧倒的な強さ

十戒から逃れるようにキングとディアンヌは妖精王の森へと非難していた。

2人とも服は身につけていない。

 

気が付かないで裸を見てしまったことにキングはディアンヌに謝る。

 

2人は距離をとって話を続ける。

 

【オープニングテーマ】

 

メリオダスが十戒にやられてしまったことを悲しみ嘆くディアンヌとキング。

なぜ妖精王の森が魔人族に攻撃されないかというとこの森自体が結界を張り、森にはいる人を選別しているのだという。

 

しかし気がかりな事もあると、グロキシニアとドロールのことを警戒していた。

それでもマトローナやゲラード、妖精たちは束の間でもあるその平穏な時を穏やかに過ごしていた。

 

ディアンヌはマトローナに水浴びを勧める。

それほどに平穏な時だった。

しかしゲラードは不穏な視線を感じるとキングに報告する。

しかしそれでも踊ったり楽しそうに妖精たちとともにその時を過ごすのであった。

 

すると踊りの中にグロキシニアが紛れ込み、キングとディアンヌを連れ去ってしまう。

何が起こったのかゲラードにはわからなかった。

 

キングとディアーヌは『鉱樹オルドーラ』に連れ去られていた。

目を覚まして気が付くとどこにいるかわからず、何が起こったかわからずにいる。

 

目の前にはなんと十戒のドロールとグロキシニアがいたのだった。

キングもディアンヌも戦う気満点のようだ。

そして戦いは始まる。

 

攻撃で壁を壊し逃げ道ができると思ったのだが、壁が弾力性を持っていて破壊することができない。

 

ディアンヌもキングもおされ気味ではあるものの諦めずに向かっていく。

だが圧倒的な力の差であった。

しかし2人はとどめを刺されることなく、『ある試練』を与えられたのだった。

水浴びしたり、踊ったりと明らかに妖精王の森では平穏な時間だったのに・・・

 

なんともグロキシニアの現れ方は不穏で不気味でした!

でもってグロキシニアの声をきいて涙をこぼすゲラード。

もともとグロキシニアは妖精王だったわけだしこみ上げる気持ちがあたのでしょう。

 

グロキシニアとドロールでの戦いで、本当は岩壁が破壊されるはずなのにニョンと伸びてて少し笑いました。

そして一生懸命戦っているけどキングもディアンヌも力及ばずで・・・やられる!!と思ってたら試練って展開。

この先どうなるのでしょうか?

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のネタバレと感想・考察②

※ボックスをタップすると開きます!

グロキシニアとドロールからの試練とは?!!

グロキシニアは魔法を唱える。

「霊槍バスキアス第7形態 ムーンローズ生命の雫」

するとあたりはたちまち光に包まれる。

そして二人の傷は瞬く間に治ってしまった。

 

そしてグロキシニアはキングとディアンヌを鍛えなおしてくれるという。

キングは敵にそんな事されることが全く理解できなかった。

 

するとなぜそんなことをするのかドロールは説明を始める。

キングとディアンヌの2人に『自分たちのしたことは正しかったのか?』ということを証明してほしいという。

それは命をも落としかねないらしいがキングもディアンヌも即答でそれを受けた。

 

グロキシニアはある呪文を唱えた。

すると一気に周りの光景が変わっていく。

 

そしてキングはグロキシニアと全く同じ見た目に変わっていた!

ディアンヌはドロールと全く同じ見た目に変わっていた!

 

と、そこにまがまがしい魔力の何かが降り立ってくる。

それはなんとメリオダスだった!

死んだはずのメリオダスが生きていてびっくりする。

 

しかしメリオダスにはグロキシニア姿のキングがグロキシニアだと思っているし、ドロール姿のディアンヌをドロールだと思っている。

さらにキングとディアンヌという存在を知らないらしい。

 

さらにそこには女神族の姿をしたエリザベスが現れるのだった。

 

なんとここは3000年前のブリタニアだと気が付くキング。

さらにグロキシニアもドロールも十戒に入る前の姿なのだと気が付く。

 

そしてそのままメリオダスと女神族のエリザベスの後をついていくことにした。

 

ついていった先には一方的な殺戮が行われていた。

そんな敵をメリオダス は次々に倒していく。

 

ドロール姿のディアンヌのもとにその当時の十戒カルマディオスが現れる・・・!

キングはグロキシニアに。

ディアンヌはドロールに・・・。

 

なっててその姿でその声なのがなんか少し笑えました!

 

でもって女神族のエリザベスかわいいですね!

翼が素敵です。

 

さてさて戦闘態勢万端のカルマディオスが現れちゃいましたけど・・・どうなるのでしょうか?!

話は変わりますがエンディングテーマがアニメーション含めてすごくいいですね!雨宮さんの声が綺麗でかっこいい~

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のファンの口コミ!

『七つの大罪 神々の逆鱗』第4期第2話のファンの口コミやコメントを紹介します!

 

 

 

 

 

ここまでネタバレ・感想を紹介しました。

 

やはり文章で読むのとアニメ動画で重要なシーンでの表情や話し方BGMを聞きながら見るのでは臨場感もあって面白さがまったく違います

 

「やっぱりアニメ動画で見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料でアニメ動画を見ることができますよ。

 

 

U-NEXT

 

次回『七つの大罪 神々の逆鱗(アニメ)』第4期第3話のあらすじ!

次回の『七つの大罪 神々の逆鱗(アニメ)』第4期第3話のあらすじをまとめています!

 

 

第3話 光あれ

〈十戒〉から課せられた試練により、三千年前のブリタニアでグロキシニアとドロールの姿となって目覚めたキングとディアンヌ。そこで出会ったのはメリオダスと――女神族の姿をしたエリザベスだった! メリオダスは、人間の集落を襲っている魔神族と戦っていた。キングとディアンヌも協力して古の〈十戒〉カルマディオスと戦い、見事勝利を収める。しかし試練はまだ終わらない。そこでは女神族、巨人族、妖精族の連合〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族が血で血を洗う戦いを繰り広げていた…!

引用:https://www.7-taizai.net/

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です