留学先のモスクワでソ連軍による対BETA戦を視察したユルゲンは、東ドイツが生き残るには、戦術機を使ってBETA群を浸透突破し、光線級BETAへの強襲を行うプランしかない、という結論に行きつく。そしてベルリンに戻ってきたユルゲンは、ベアトリクスの父・アーベルの元へ向かうことに……。